スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

われおもうゆえにわれあり

最近、年をとったな・・・とか
時が経つのは、何て早いのか・・・とか、
思う事がある。

先日も、大きな事件が10年目を迎える・・というニュースを聞いて、
旦那さんと、
「もう10年なんや。10年前といえば、私はまだまだ、ピチピチで・・・ん??
10年前って、私もう26歳やん!!」と絶句してしまった。

旦那さんも、
「そんなん言うたら、俺は、31歳やん」と、これまたビックリしていた。

10年前は、私たちは、もっと若い年齢を期待していた。
でも、実際は、そんなに若くない。

10年前でも、すでに、けっこう、大人やん

つい最近まで、「10年前はまだまだピチピチで~」なんて言うてたよ~な気もするが、
今では、「20年前は・・・」に変えて、丁度いいぐらいだ。

 とにかく、時間が経つのが、早い。
9月も、最近「もう9月よね~」と言ったような気でいたら、
もう9月9日・・・3分の1を終わろうとしてるし。

 こんな調子で、簡単にアッという間に、年をとっていくのかと思うと、
恐ろしい・・というよりも、何となく「抵抗出来ないな」という気分になる。

乳がんになってから、何かと「再発」の影に怯えたり、
自分は、きっと「長生きできないし、寿命も短い」と思ったりもしたが、
こうも、時の経つのが早いとなると、
数年・数十年単位の違いは、「瞬時」で、大きく見ると、差異が微小。
 その「差異」に怯えるのもな~と、思えて来たりする。

 病気になってから、
昔の事を自然に思い出す事がある。

昔の風景や、ちょっとした会話、ある日の夕飯。
 それは、決して、大きな出来事ではなく、
日常に息づく、慣れ親しんできた、「匂い」「空気」「存在」

 そして、不意に、「こういう風景を、死ぬ間際に思い出すんだろうな」と思うのだ。

ベッドで横たわり、窓の景色を眺めながら、
私は、姉妹で読んだ漫画の並ぶ本棚や、家族旅行の早朝の空気の匂いや、
学校の椅子をひく音や、仕事の休憩中の先輩たちの声、
イタリアの朝のコーヒーの香りや、子供たちの横顔、旦那さんの背中。

 そして、ゆっくりと瞼を閉じる。


  つまり、思い起こすのは、決して、大きなイベントとかではなく、
日常そのものなのだ。

となると、今度は、

逆の現象が起こる。

日常の合間、不意に、今私が見ているこの景色は、
ひょっとしたら、病床に横たわる死ぬ間際の自分が、思い出しているんじゃないのか・・・・と、
思う時があるのだ。

 私は、ドキドキして瞼を閉じて、そして、また開ける。

同じ景色、記憶でない景色である事に、ホッとする。
ホッとすると同時に、
 きっと、これが本当に、「死ぬ間際の思い出す記憶」の断片だったとしても。
瞼を閉じて、開いた時、ベッドで自分が横たわっていたとしても。

「もの凄く良い気分だ」と言えそうな気がするのだ。
そこに、恐怖心はない。

 瞼を閉じて、そして、開ける

その動作一つで、何年でも何十年でも、時間を飛び越えてゆける。
つまり、人生は、それほどに、早いという事なのかなって最近思う。

日常のこの瞬間を、私は思い出すかも知れない。
そう思った日常の瞬間は、大切な切り絵となって、自分に保存されていくような。
そんな印象を受けるんである。

 そうして、そういう切り絵がどんどん積もってゆく事が、
幸せであり、自分を「幸せな人生」に導いていくんだと思う。

 「日常」こそが、幸せであり。
そして、そう自覚して、日常を「幸せ」にしていく事が出来れば、
きっと、「あああ~。幸せの人生だった」と、
生きた時間の長さや短さにとらわれず、思えるような気がするのだ。


 う~ん。ワケわかんなくて、申し訳ないのですが。
最近、本当に、そういう「瞬間」に出会う事が多くて。
 死ぬ間際の自分が、思い出してる映像の断片じゃなかろうか・・・と思う瞬間。
そして。
 この映像を思い出してる自分は、きっと微笑んでいるはず・・・と思って、
自分が、幸せなんだな~ってかみしめたりする。そこには、感謝しかない。

 死ぬ間際の自分が、「幸せ」である為には、
やっぱり、自分で、「幸せな日々」にしていかないとダメで。
 そういう断片を、ドンドン生み出す努力をしていかないな~と思うワケです。

長さや、短さではなく。
病気がある、健康である。。ではなく。
そういう断片を、どれだけ切り絵として、保存してゆけるか。


そんな事を考えるのも、年をとった証拠なのかも知れない。

近況

すっかり、ブログの更新が・・・・

ご無沙汰しているウチにに、ハナッペは、小学生になってしまった・・・・。

「小学校入ったら、何を頑張るの??」と問うたらば・・
間髪入れず、とっても元気に、小学生らしく、ハツラツと。

「おねしょ、しない」

だった・・・・。がっくし。

(彼女の名誉のために、付け足しておくと、
おねしょ・・・たまぁ~に忘れた頃に、睡眠中やってしまう程度なのですが)

「おねしょ、しない」と本人から、高らかに宣言されると、
特に、心配しなかったのに、何故か、心配になる母。

「おしっこは、休み時間に行くんやで!」やら「授業中でも先生に言うて、我慢したらアカンのやで」
やら、ついつい口うるさく言ってしまう。

したらば、小学校はじめって数日後、夜中に、

ちょろっと、出てしまった・・・」と、
本人の高らかな宣言は、簡単に破られてしまった。

「あああ、仕方ないよ」
ちょろっと・・・と自己申告したワリには、
シーツに地図が描いてますけど??と嫌味も言いたくなったが、
新しい環境のせいかも知れぬ・・・・と我慢していたら。
 どうも、本人の機嫌がよろしくない。

いやいやいや、機嫌悪くなるんは、こちらやで・・・・
「どうしたん?」って聞いてみたら。

「お母ちゃんのせい」と、言う。
わが耳を疑う母。

「何でやのん?」

「だって、夢の中で、お母ちゃんが、おしっこ行きやって、言うたけん」

 唖然とする母。
あまりにも、びっくりし過ぎて、
思わず、

「それは、申し訳なかった。かたじけない」と謝りそうになったやないか!

しかし、最近、「おしっこおしっこ」と顔を見ればハナッペに唱えていたような後ろめたさもあって、

「夢でおしっこしたくなったら、起きるんやで」

・・・と、多分、正解ではない解決策を述べるのみとした。

それを、機会に、あまり「おしっこおしっこ」と言わないようにしたら、
今の所、おねしょを回避出来ている。


そんなこんなで、ハナッペは元気に小学生しています。
毎朝、7時15分に自宅を出るのだが。
 心配性の旦那さんの指令で、今の所毎朝、ハナッペに付き添っている。
と言っても、私はハナッペの付き添い・・・というより、朝の散歩・・って感じなので、
ずんずん歩くハナッペを追いかけるワケもなく、あまり意味をなしてなかったりする。

 で、今日も、私が学校に着いた頃には、ハナッペは校舎に入る所だった。

そのまま、踵を返して自宅に戻ろうと、歩き始めた。
今から、学校に向かう子供たちと、すれ違う。

みんな「おはようございます!」と元気に声を掛けてくれる。
感心感心・・・と思っていると。
 何だか、今日はいつもよりも、子供たちが、積極的にかしこまって挨拶してくれるな~・・・と
思う位、だれもが私に挨拶をしてくれる。

 子供に付き添う保護者も、丁寧に挨拶してくれる。

いやいや、ちょっと尋常じゃないくらい。

何かあるのか??

ドッキリか??(どんなドッキリやねんっ)

実は、私にではなく、実は背後にピッタリ歩いてる先生に、挨拶してるのか??

・・・と疑い、振り返るほどだ。

あまりにも、おかしい・・・・と「おはようございます」と元気に返していた挨拶も、
どんどん、弱々しくなった頃。

歩いていた高学年の女の子が、私に元気に挨拶し、すれ違った・・・その後に、
囁き合う声が聞こえた。
 女の子の一人が、「今のだれ?」みたいな事を、隣の子に問うたようだ。
 その、問いに対する回答は、まさに衝撃だった。


「体育の先生よ」

はぁぁぁぁぁ~??
なぬぅぅぅぅ~!!
体育の先生だぁぁぁぁぁ~!!
なんでやぁぁぁぁぁ~?

と、一瞬、パニックに陥ったが・・・。

よくよく、考えると。

私は、抗がん剤治療終了して、もう少しで6ヶ月。
髪の毛も生え、前日に初めて、カットした。
 
ちょっと、一時期のベッカムヘアみたいになった。

そして服装は、ジーンズに、上はジャージだ。

 自宅でかわいい双子ちゃんと、旦那さんが待っているので、急いで帰ろうと、
かなり、スタスタ歩きだ。
 でもって、昨日ヨガに行って、「姿勢が何よりも大切」と聞いた所なので、
かなり、姿勢はいい。

 ベリーショートで、ジャージ姿。
スタスタと、機敏に歩く自分。

客観的に見ると、文系??というよりも、完全に体育会系のスタイルである。

 いやいや・・・それだけで、私を「体育の先生」と思うんだろうか。

謎・・である。

 自宅に帰って、その話を興奮気味に、旦那さんにすると、
「また、しょ~もない話を朝から・・・」というちょっと鬱陶しそうな表情をしながら、

「似た先生がおるんちゃうか」と言った。

はっ・・・そういえば。

たまに、学校で見かける先生がいた。

 ショートで、ジャージ、そして、メガネ!!
スタスタと華麗で機敏な歩行状況。

まさに、そのもの!! 

その先生と間違えられたのなら、合点がゆく。
さすがわだ、旦那さん。
 あああ~スッキリしたわ~!
と、さぁ、家事よ~と、次の行動に移ろうとして。

・・でも、その先生。

男の先生なんですけど・・・・。という事実に今更ながらに気付いて、愕然としてしまった。

 
 抗がん剤終了約6ヶ月後。
体育の先生と思われる男の先生に、間違われたと思われる、
その姿は、これだ!!

DSC_0218.jpg

あ・・・また横になってしまった。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

育児はハナッペから学べ

先日、保育園から帰って、キッチンにいると、
ワカちゃんアオちゃんが、いやに静かだ。
こういう時は、
間違いなく、悪い事をしている。

「ワカちゃん、アオちゃん、何してんの?」とすでに、怒りを帯びた声で、
二人を呼んでみる。

すると、どたばたと足音を立てて、二人が別の部屋からリビングに戻ってきた。

「何もしてないけど??」とばかりに、すかした表情で、
自分たちの無罪をアピールする。

しかし、両手を背中で組んでいるアオちゃんは、明らかに、おかしい
私の、厳しい視線を受けて、アオちゃんは、とりあえず、
「へへへへ」と愛想笑いを浮かべる。

「アオちゃん、その手に何を持ってるんや」と近寄る。
後ずさるアオちゃん。
「見して」と背中を覗こうとすると、腕を組んだまま体の向きをふぃっと変える。
 そして、また、愛想笑い。

「何を持ってるんや」
その腕をがしっと掴み、手に握ったものを見ると、

旦那さん置き忘れの、板状ガム

一部、包装紙が破損。一部、中身がネズミが食べたような小さな歯型。

「ガムは、アカンって言うてるでしょう」と言う。
親が、置き忘れていた・・・という非があるので、
怒らずに、静かに言い聞かせる。
 アオちゃんは、観念したのか、しょんぼりと頭を下げて、何も言わない。

 少し離れた所にいたワカちゃんが、
「アカンね~。アオ、アカンね~」とウンウン頷きながら、私を見て言う。

いやいや、私と同じ立場で、アオちゃんを注意するアナタの、
その、意味なくポケットに入ってる両手が、
実に、あやしい

「ワカちゃん、そのポケットに何が入ってるの?」と近寄る。
数歩後ろに下がるワカちゃん。
 ゆっくりと注意深く、「何か」を一緒に出してしまわないように、両手を私に差し出す。

「ガム・・・ないよぉ~」とまたもや、無罪をアピール。

完全に、裏切られたアオちゃんが、私の横にきて、

「ポケットにガムあるね~」と私に密告。

ふふふ、そんなものよ。

 ワカちゃんの腕をがしっと掴み、そのポケットを探ると・・・

板状ガムが、左右それぞれのポケットから発見。

「アンタ、2つ持ってるんやんか!!」
アオちゃんより、多く隠し持っていながら、よくもまぁ、
いけしゃぁしゃぁと、「アオ、アカンね~」なんぞ言えたもんや。

ワカちゃんの、ガムもまた、一部かじった痕跡が・・・・。

二人を並べ、
「ガムを勝手に取ったら、アカンやろ。食べてもダメ。」と強く言い渡す。

すると、二人が、
「え~んえ~ん」と聞くからに「アンタ、それ、ウソ泣きやろ」と
言いたくなるような声で、涙を流さずに泣いた。

「分かったんなら、いいよ」と少し優しい声で言うと、

二人が、これまた、「それ演技やろ」と言いたくなるような勢いで、
泣きながら、私に抱き付き、
「ガム~ガム~ガム~」と叫びながら、泣いた。
そして、流れる涙・・・・ではなく、
鼻水を、べったり私の服に塗りつくした。

 それまで、静観していたハナッペが、
ウソ泣きの二人に近寄り、
「おいで~。こっちで遊ぼう」と誘うと、
二人は、手を両目にあてたまま、お助けハナッペのもとへ。

「さずが、お姉ちゃん。タイミングをわきまえてるわ~」とハナッペに感謝し、
ふぅ~、解放された・・・とホッとしつつ、
肩についた鼻水に、げんなり~ していると、

こじんまり座っている3人から、何やら、ヒソヒソ声が。

「なぁ~。お母さんが、あんな所にガム置いてるからやんなぁ。
あったら、食べたくなるもんなぁ~」と、ハナッペが、言ってるではないか!

すっかり、もうウソ泣きをひっこめてる双子ちゃんも、

ウンウン・・と頷いている。

「食べたら、アカンねんやったら、隠したらいいのになぁ~」
ハナッペのお言葉に、
ウンウン!!と力強く頷くワカちゃんアオちゃん。

ウキッー!!

怒りに震える母。

「ちょっと、ハナッペ~!!」

と怒りにまかして、文句を言おうとして、モゴモゴモゴ。
何か反撃を・・・と思ったものの、
ハナッペの言うことは、実に、正論

「でも、ガムはまだ、ね~ね(お姉ちゃん)も食べてないねん。
だから、アカンねんで」

は・・・ハナッペ。
いきなり、ハナッペに後光が差してきた。
 ハナッペ様のお言葉に、双子ちゃんも、「ウンウン」と素直に頷く。

「大きくなったら、食べような~」

笑顔の3人が、頷き合い、ママゴトを始める。

何てスムーズで美しい説得方法。
「ガム~ガム~」とウソ号泣をされ、鼻水をベットリ塗りつくされた、どこぞの誰かとは、
雲泥の違いである。

時に、35歳3人娘の母よりも、
6歳、ナニワ気質調子のり子の方が、
実に、「育児」に優れている。

そういう場面に、最近、出くわす事が多い、今日この頃。

春は、何処に。


良ければクリックお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

「がんこはん」まとめ

 地震・津波・原発・・・と、まだまだ落ち着かず。
道路が開通した・・とか、物資が少しづつ行きわたり始めた・・というニュースにホッとする時もあれば、
なかなか収束に向かわない原発問題に、
「どうなるんだろう」と不安が増す時もある。

被災に遭われた方々、あらゆる困難に対応されている方々、援助の手をその身でもって差し伸べている方々、
本当に、頭が下がる思いです。
 
私には、本当に、少しの事しか出来ないが・・・。
だからといって、「私は何も出来ない」と悔やんだり、後ろめたさを感じても仕方がない。
 出来る事はしつつ、自分の生活を維持していく事が大切なんじゃないかと思い始めた。

暗く沈んでも、パワーには、ならない。
多分、笑って元気に生きる事が、パワーになる。
 笑い、元気に生きる事は、悪い事ではない。

元気に生き、笑い、
感謝し、
あらゆる方々と共に頑張ってるよ!という気持ちを、心に持ち続ける。

そう。持ち続ける。

そして、細く長く、継続的に、自分に出来る援助を、行っていきたい・・と思っている。




 先日、放射線治療が終了し、トリネガでホルモン療法の効かない私は、
無治療に突入している。
 「がんこはん」と発覚したのが6月。
抗がん剤に苦しめられた長い夏、
何とか辿りつけた・・・という感慨深い、年末の手術。
寒い中、毎日通った放射線療法。

 気づけば、「がんこはん一周年」の6月まで、もう少し。

「がんこはん」になって、ブログを始めた。

はじめの日記

さて、私は、果たして「がんこはん」に勝ち得たのかどうか。

抗がん剤に耐え、手術をし、放射線治療もした。
やる事はやった。
術後、病理の結果も、満足するものだった。

私は、生きている。笑っている。

でも、それが、「勝ち」かというと、そうでもない。

日々の中で、突然、「再発・転移」の恐怖に襲われ、不安でいたたまれなくなる。
「再発・転移」を告知される自分を思い描いて、頭を振る事がある。
「考えない考えない」呪文のように繰り返す。
治療を終え、「がんこはん」を払いのけたはずなのに、
時に、その「がんこはん」は、私の頭の中を占拠する。

 今のこの平穏な日々が、一瞬にして崩れてしまう時が来るんじゃないかと、
子供たちの寝顔を見て、思う時がある。
 仕事を探しながら、今度はちゃんと長く働けるよね・・・と思う時がある。
新しい家を見ながら、ちゃんと長く住めるよね・・・と思う時がある。
 
 大袈裟な・・・と思うかも知れない。

私の「がんこはん」の場合、治療した後の無再発率は、通常なら70%、
術前抗がん剤行ったら、85%らしい。
 再発する人は、15%。

その15%に入らない・・という保証はない。
 そもそも34歳で乳がんになってしまったり、双子ちゃんを授かったり(←これは凄く嬉しかった)
宝くじには当たった事はないが、人生において希少な「アタリ」をひいている私である。

「私は、当然、85%よ」なんて楽観的でおれるはずがない。

もし、近い将来、「再発・転移」してしまったら、
「あああ、やっぱりな」と思ってしまうだろうな・・って思う。

そんな風に思って、すぐ、
「アカンアカン。そんなん考えたら、自分から病気を呼び寄せtるようなモンや」と
また頭を振る。

 「がんこはん」に限らず、人間は、いつか「死」と向かい合う。
凄く近くにいる「死」を、私は、「がんこはん」になるまでは、
遠いもののように感じていた。
 「がんこはん」になって、「自分は死ぬかもしれない」と感じた時から、
すべての将来に不安を抱くようになった。
 
 放射線治療を終え、無治療突入間近。
そんな風に、まとわりつく不安を、何とか掻き消そうとしていた。
 その時に、東北を襲った大震災である。

突然奪われた命、その悔しさ・悲しさを考えると、本当にいたたまれない。
「死」は誰しも平等にやってくるけれど、
その訪れ方は、様々だ。
 
 私たちは、「生きている」のではなく「生かされている」という事を、実感した。
「がんこはん」「自然の脅威」「人間の愚かさの脅威」
 人間の命を簡単に奪っていくものは、散らばっている。
私たちは、その中を、縫うようにして、生きているのかも知れない。
 
 「いつまで生きれるか」かを不安がらず、
「生きていること」に、喜びを見つける。

「再発・転移するかも知れない」と不安がるよりも、
「生きていること」に感謝する。

「がんこはん」になったから、不安がるのは仕方がない。
そんな風に思っていたけれど、
いつまで、不安を抱える?
「再発・転移」への不安は・・・いつ解消される?
再発・転移してしまった時に、「ほら、やっっぱりね」と思うまで?

将来に不安を抱え、心配しても、
自分の人生を変えられる力になるワケじゃない。
 
 今ある1日に感謝し、喜びを見出し。

そして、ちょっとだけ将来について考える。
それは、「将来を心配する」・・・というよりは、
もっと、前向きに「将来を考える」
 
 自分がいなくなった時に、子供たちが、出来うる限り苦労しないように。
「子供の教育貯金をする」
「自分の事は、自分で行えるように子供たちを教育する」
そして、
常日頃から、どれほど自分が幸せであり、感謝しているか、
どれほど家族を大切に想っているか・・・を伝える事だと思う。
 いつ、私が突然いなくなってしまっても、
「ああ、幸せな人生やったんやな」と残された人がそう思ってくれるように、
そんな言葉の数々を、残しておきたいな・・・と思う。
 それは、決して、感傷でもなく、
どのような形であれ、いずれは訪れる「死」への準備として。

「がんこはん」になった時、もう自分はダメなんじゃないかと思った。
「若くして乳がんになって、可哀そうに」と思われてるんじゃないかと、
「負けた」ような気になって、涙した時もあった。

でも、不幸だと、思った事はない。
「がんこはん」で失ったものもある。
でも、得たものもある。

 抗がん剤治療に耐えていた最中にUPした日記。
良い事見つけるぞ技術

 人間は、強い。
自分の病気の過程を振り返って、
そして、今回の大震災の中にあって。

本当に、そう感じている。




 6月に、「がんこはん」が発覚して以来、
心配を掛け、手助けしてくれた家族。
 我慢を強いられながらも、私に癒しと笑いを届けてくれた、子供たち。
毎日、電話を大阪から掛けてくれた姉君。
私の「お茶」に付き合ってくれた、長崎での数少ない友人たち。

メール・コメント・手紙・電話で、
力付けてくれた友人たち。

 本当に、ありがとう!!

そして、ブログでお知り合いになった方々。
同じように頑張っている人たちがいる・・という事が、どれほど、自分の励みになったことか。


これからも、急に不安になってしまうかも知れない。
「いつまで、生きられるか」と不安になったら、
「今、生きてる事に感謝する」

「子供たちと、いつまで一緒にいられるんだろ~」と淋しい気持ちになったら、
子供たちを、ぎゅ~っと抱きしめて、チュッチュ攻撃をしよう。

「再発したら?転移したら?」と恐怖に陥ったら・・・

「先の事を考えても仕方ない。今に喜びを見つけよう」



 
という事で、無治療なので、
今後は、ほとんど病気以外の日記になっていくと思いますが。
 今後とも、よろしくお願いします。

 これを機会に、他のブログに乗り換えようかな~とも考えています。

今日は、1日パソコンの前にいた・・・・。
良かったら、クリックお願いします。
      ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




 

プロフィール

もふぁもふぁ

Author:もふぁもふぁ
35歳の主婦です。2010年6月に乳がん発覚⇒術前化学療法⇒12月に手術しました。2月より5週間放射線治療予定です。
 5歳のハナッペ、2歳の双子ちゃん、40歳の旦那さんと5人暮らしです。
 病気・治療の事、日々のことを日記にしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。